読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやつはハニワに入りますか?

忘備録的なノリで書いています。主にジャニーズ(NEWS/嵐)。

ピンクとグレー感想のようなもの

ネタバレあり。ご注意ください。

あと結構まとまってるようでまとまってないのでぐちゃぐちゃしてます。整理したらまた追記します




やっと見てきました。ピンクとグレー。

面白かったです。










62分後の衝撃は、まあそうかなあという予想通りで、しかもほんと見る直前に、もしかして柳楽くんがごっちだったりしてーとという「謎の閃き」が降りてきてしまい、ぼんやり考えながら見てたら、まー、その通りで、ちょっと、予想が当たってしまって、悲しかった。

予想なんてするもんじゃない!(自戒)
もっと純粋に驚きたかったなあ。



どうもわたしの頭の中では、映画「ピンクとグレー」の前半62分はもう1つのパラレルの世界で作られた「ピンクとグレー」で、後半は、その「ピンクとグレー」のメイキングのようなもののように映っています。メイキングと言ったら非常に生々しいものだし、実際の芸能界があの様な所だとは信じたくもないけれど。


面白いのは、前半は「白木蓮吾」の物語、彼を追いかける物語だったのに対して、後半はガラッと「河鳥大」を追いかける話になったってこと。まあおそらく前半の「白木蓮吾」だって実際はりばちゃんの目を通した彼の姿だから、「ほんとうの白木蓮吾」の姿はここからじゃ見えないのだけれど。


「しょーもな。」が最後の最後でパンチ効かせてくるとは!所々のりばちゃんの関西弁って、多分元々の「河田大貴」が滲み出てしまった所なのかなあ、なんて。ふとした瞬間に出るんだろうな。そして最後の「しょーもな」で全てがリセットされる感覚になった。あの辺、最初のシーンとカットが同じってだけでも、私は謎のゾクゾク感を味わいましたけど。


そして「しょーもな」は何に向けてのしょーもな、なのか。きっとそれは「ごっち」を知らなかったことに対してと、そんな「ごっち」の影に憧れを抱き、それになろうともがいた自分に対してなのかと。私は後者の方が強く感じるけどどうなんだろうね。自分自身を嘲るような、皮肉の混ざった、「しょーもな」に聞こえたもんで。


風船は魂かなあ。ごっちの魂。ああやって、みんなの視線を集めて、上へ上へと登りつめて最終的にこの世界を超えてしまった先に行ってしまった。そんな単純な比喩なのか分からないけれど。
でも弾けなかったね。弾けないまま登ってった。あれは「ごっち」と一緒になりつつある「りばちゃん」だったのかなあ。赤い風船。


一番私の中で今痺れているのは、なんと、これを書いている2016/01/15の時点(この記事の下書きを書いた時)では、(劇中で)ごっちの写真集が出ていないし命日も来ていないってことだ。映画館限定でもいいから、第二弾のパンフレットとして出さないかな~?とも思いつつある。なんせ買ったパンフレットが思いのほか安くて薄かった。


ほんとはもう1回くらい見に行かないと駄目かと思ったんだけども、意外にも1回で納得してしまった。そりゃ何回も見た方がいいんだろうけど、もうお腹いっぱいだった。すんなりと映画「ピンクとグレー」を受け入れられた。


これは「ピンクとグレー」の皮をかぶった「ピンクとグレー」だ。
何言ってるか分からないけれど、そういうことだ。「ピンクとグレー」であり「ピンクとグレー」では無い。
完全に脳内で区別が付いている。


映画だけでも楽しめると思うけれど、やはり原作ありきで見た方が相互補完出来るので、先に読んでから見ることをおすすめしたいです。きっとそれは「みんな」言ってることだと思うけれど。


この後でピンクとグレー読み返すのも面白い。今ちょっとまた考えてることがあるから、そのために次は「ごっち」がどのように表現されているかに注目して、読みたいと思ってるんだけどいつになるやら……