読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやつはハニワに入りますか?

忘備録的なノリで書いています。主にジャニーズ(NEWS/嵐)。

なんてったって(きみは)アイドル!~加藤さんにでれでれするだけ~

 

※飛び入り参加でこちらの企画に参加させていただきました。

 

www.adventar.org

 

 

なかなか人をほめるのって難しい。

なんせ普段からでろでろに愛しまくって結果としてほめてるようなことをしてるから。

 

とにかく、加藤さんが好きだーーーーーーーーーー!!!未成年の主張

 

とりあえず褒めてみた。結局褒めているのかでれでれしてんのかわかんないけど。

 

 

 

①ビジュアル

まず顔。イケメンの顔が好きで何が悪い!あなただって見た目のいいみかんのほうがおいしそうに見えるじゃん!?それと同じだよ!ああ見た目って残酷。

もともと、ずば抜けてイケメンとかグループの中でもセンターにいるようなお顔の持ち主を毛嫌いしてた。(ちょっと変なところが好き、みたいなアピール。とても痛い)

最初も「うわあ、好きだけど顔もかっこいいけどちょっと・・・・・・」とか思ってたよ!

 

ばかやろーーーーーーー!!!!!

 

加藤さんはそんな考えも吹き飛んじゃうくらいに最高な絶世の美女というかそもそも作画がフェルメール美男子なんですよ!!!!!そのお顔に生まれてきてくれてありがとう!!!顔というあくまで体の部位にすぎないけれどじゅうぶんほめるポイントだよ!!!ハイボーナス20点!!!あと、今のお顔に成長してくれてありがとう。ホント素晴らしい。

まつ毛が長いのはいまでも見ててびっくりする。ラクダかよってツッコミは受け付けてないよ!

 

笑った時の口角の上がり具合も好き。素晴らしいのよほんと。きれいにお手本のようにキリッと上がるんだよ!!!ああさわやかキシリトール!(?)

そりゃ毎週金曜の朝っぱらからテレビの前の奥様方は夢中になるよね~~!?

あときれいな歯並びですね~~~!人工だよって(実際思ってるけど)そこは努力として目をつぶってくれよな!!

笑うときにもれなく目もくしゃっとしてしまうところがもう最高なので座布団10枚あげる。よかったね。座布団50枚で金の座布団がもらえるよ(貰えません)

 

 

加藤さんは作家という看板も背負ってるせいか「お堅い」「まじめ」「クール」などのイメージをもたれることが多いのではないかと思うんですが、そこに加藤さんの笑顔ですよ。ほら、そこ、「ギャップ」ってもんがありませんか?私もいろいろとアイドル雑誌を買い始めてずきゅーーーーーん加藤シゲアキさんの笑顔に打ち抜かれました。ずるい。でもそこがすごいところ。なのでだまされたと思って適当にアイドル雑誌を買ってみなされ。開いて見なされ。そこにはきっと「かっこいい」だけじゃない「かわいい」「えがお」の加藤さんがいるから。魚持って笑ってるでしょ?*1

 

 

体全体のフォルムの話に移ろう。

もさっとした髪型(まあ日によって変化するけれど)、適度にかっちりした肩、引き締まった上半身、すらっと伸びる手足、素晴らしい太ももとふくらはぎのライン……。あっ、書いてるだけでよだれでそう

 

髪型の話はきっと長くなるのでさくっとまとめるが、2015年の髪型はぜーんぶ好き。というか2015年の加藤シゲアキさんのビジュアルがずーーーーっと好調だったから、羨んだどこかの神様の天罰でもれなく世界破滅するかと思ったよ。

 

髪色でしたら2013年の通称「くそアッシュ」も好きです。まあ基本加藤さんなら何でもオッケーだけど!!!

 

※坊主は心の準備が整ってないのでやめてほしい

 

特に私が好きなのは肩なんですけど、あそこに顔をうずめていたい・・・・・・

私の好みとして肩幅のある人が好きなのかは実際よくわかってないんですけど、あの加藤さんの肩幅はいいサイズ感じゃありませんか?!すごく安定感があって好きです!頼れるパパさん!(?)

ということで鍛えてくれてありがとう。

 

加藤さんの太ももからふくらはぎのラインも好きなんですけどなかなかいいラインの写真がないのが非常に残念です!素足も萌えるけど太ももからふくらはぎのラインも下さい!Whiteの時のプロテクターは最高でした。

 

 

 

②声

私は勝手に「チャイ」みたいな声だと思ってる。甘い後にスパイシー。いや単に私がチャイ好きだってことは関係ないけど、いやあるけど

 

声の好きなジャニーズ6人 - おやつはハニワに入りますか?

 

もうちょい詳しくはここで。ごめん割愛。

 

って思ったけど歌い方の話はしてなかった。それだけしよう。

きっとシゲアキさんも歌える人である。耳はいいと思うのですよ。よく知らないけど。ただ、独特の歌声と同じグループに歌のうますぎるのが二人もいるって二点が特殊なだけ。

「シゲアキさんは引き算がうまくなった」と言った人がいたのですが(また忘れた)実に的を得た表現だと思う。

私の聞きなれた判別曲が「チャンカパーナ」なのだが、その一番のサビ直前の加藤さんのパートを聞いてほしい。2012と2015では変わっているはずだ。力の入り具合が。

個人的に、2012年のほうは「力んでいる」印象を受けるのだが、2015年ではそれが改善されたように思えた。

のどは力みすぎると締まってしまい、声が出しにくくなる。いい感じに力が抜けていると思うのです。

このあたりの変化がわかるのも、生歌でやっていこう、勝負しようと思ったNEWSのすごいところ、いいところで、なにより、加藤さんが着実に進化し続けていることの証である。歩みを止めない姿が好きだ。

「努力してくれてありがとう」というのも変な話ですが、「いいものにしようとしてくれてありがとう」と思っています。

 

 

 

③言葉

ジャニーズの中で唯一小説を書く人であるのも加藤さん。わーい!唯一無二とか大好き!!!

いやあ、まさかジャニーズの中から小説を書く人が出るとは、と当時は思ったわけですが、今じゃ(一応)自担ですよ・・・・・・。今じゃ完全に加藤さんのとりこですが、最初は若干小馬鹿にしてた。何も知らないくせに、小娘がごめんなさい。(きっとこういうのがアンチのひとつでもあるのかと思いつつ)

 

正直なところ、現代小説というかああいう普通の小説はなかなか趣味で読まない人だったのでピンクとグレーは全然分かんなくて大変でした!なんど放り投げようかと思った!なんせ劇的に変化するのがホントの最後でせめて後半戦に入れば何とかなるけど、それまでが退屈で退屈でしょうがなかったんですよ。進まねーーーーーって言いながらにらめっこ。

それが、二作目の閃光スクランブルで見事に打ち砕かれるのですが、よくよく考えれば、彼がまだ「加藤成亮」だった時の作品がピンクとグレーで、「加藤シゲアキ」以降が閃光スクランブル以降なんですよね……。 何回も言われていることだけれど、ここが結構シビアなところで大切なターニングポイントなんですよね。

 

ピンクとグレーが死に行く話なら、閃光スクランブルは生まれ行く話だと思っています。アイドルとして、捨てられた、いや捨てざるを得なかった?「加藤成亮」の一方で、その亡骸から生まれた、「加藤シゲアキ」。超新星爆発みたいなもんと思っていただければ簡単かなあ。

生きることは死ぬこと、死ぬことは生きること……。

 

いや、ピンクとグレーは実は三途の川かもね。実際、アイドルとして生きるか死ぬかのはざまで書いてたし。ピンクもグレーもあいまいな色。狭間の色。三途の川も、生者の世界と死者の世界の狭間に流れてる。三途の川に全部置いてくるんだよ。

 

ってそこまで筆者の心理状態や背景とリンクさせて楽しめるのが、実は、アイドル兼作家の「加藤シゲアキ」の面白いところかもしれない。実際のところ、上の話は個人的な妄想の類にしかすぎないけれど。(みんなそういうのが好きだって知ってる)

 

 

小説から話は飛ぶけれど、雑誌のインタビューや彼のラジオで放たれる言葉のチョイスとかも結構ツボをつついてくるのです。今時らしくカタカナもしょっちゅうぶっこんで来るけど、「漢字とかなで喋ってくれ!!!」と思ったり思わなかったり。まあそこから初めて知る単語とかもあって、知識として役に立つのでありがたいのですが!

 

 

 

④趣味

ラジオ*2を聞けばだいたいわかる!加藤さんの守備範囲の広さ!

世の中で「サブカル」と呼ばれるもの、映画、音楽、釣り、とかいろいろ。ジャニーズの中でもここまで自分の好きなもの、アーティスト、ジャンルがファンに知られてて、かつ、こちら側、ファンからレスポンスができるのは彼ぐらいじゃないかと思う。

 

これもまた面白い。いったい彼の脳みそはどうなってるのか!ぱっかーんして覗きたい!あとどうやっていろいろな知識入れてるのか知りたい!

自担にファンは似るとはよく言ったもので、なんとシゲアキさんの担当、ファンにはそのようなジャンルが好きな人ばっかりである。これもまた面白いのである。あと似てるとしたら、頭の回転早いし、発想も面白い。

 

いやあ、最高の連鎖じゃないでしょうか!

 

 

まあ本人いわく「全部出してると思ったら大間違いだぜ」らしいんですが、そりゃそうじゃなかったらこっちが困るわ!個人の趣味情報のバーゲンセールじゃあるまいし。隠してる部分もあってこそです。出したり引いたりするさじ加減上手いなあ。

 

あといやこれが非常に楽しそうにまた早口で好きなモノの話をするんですよ。

ヲタクか。

いや、実際加藤さんってヲタク気質のあるアイドルなんですけど。こちらに感覚が近いっちゃなんというか。そこもいいのよ。こっちの気持ちもわかるアイドル。わかりすぎても困るけど!まあいいじゃん!いい感じでわかってるから良い所にバンバン打ち込んでくるのよ!!

 

 

くあーっ!加藤さんのオタク止められねー!

 

 

 

 

*1:Wink up:2016年1月号の連載PhotoShiGenicの話

*2:毎週日曜23:00~ SORASHIGE BOOK(FM Yokohamaにて放送中)