読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやつはハニワに入りますか?

忘備録的なノリで書いています。主にジャニーズ(NEWS/嵐)。

脳内にてPVを作る(askに答えました)

「もしカインさんが製作に携わるとして、PVの無いNEWSの曲で作りたいと思う曲はありますか? またどんなPVにしたいと思いますか?」

です。いやそりゃ大好きなアルバム曲にPVないとかざらにあるじゃん?カップリングにPVは絶対ないじゃん?(絶対なのかは知らんけど)

 

で、「またどんなPVにしたいと思いますか?」ですが、ここが一番大変だった(屍)

いかんせん好きでもPV作りたい!って思う曲と、PVにしたいとまではいかない曲が合って、あと一番困ったのは、

「アイドルの楽曲ってなぜかPVが自然と脳に思い浮かばない」

ってところでした。

個人的な特性として、好きな楽曲ですと勝手に脳内でPVができることが多いんです。断片的であれ、私がこの曲で作るならこういう感じのPVだろうな、とか、楽器の音色が「青っぽい」とか「オレンジっぽい」(基本この二色を思い浮かべることが多い)あるんですが、なぜか知らないけど高確率でサカナクションに適応されてジャニーズに適応されないんですこれ。

ジャニーズでよくあるのは「アニメのOP/EDっぽい」ってやつです。

 

まあ、そんなこんなあったんですがとりあえず数曲やってみました。

しかしここで私の性格のおかげで、

良くも悪くもストーリー性はないですし笑いやカオスの方向に飛んでいきました!!!!!

いろいろ書いててシーンごとの脈絡なさ過ぎて泣きました。よってコスト高である。

※ちなみに以下、NEWSは4人、を前提に妄想してます。(考えたのが6人時代の曲なんで)

 

 

作りたいPV①

「BE FUNKY!」(アルバム『LIVE』収録)

いや、シングルカットだと思ってたよ(まじで)っていうトラブルマン亡霊系ファン(のみならず)に人気の曲。うん。好き。

 

モノクロで始まる。舞台は港か滑走路みたいに適当に長さのあるところ。4人はスーツ(崩してる)にサングラス(なんか似合う人と似あわない人がいる)で、横一列に、カメラに対し真正面に並んでいる(カメラからはちょい遠い)。

[00:00~00:10]:まだ動かない。ただ立ってる。手足ぶらぶらとかご自由に。

[00:10~00:19]:00:10あたりの「ドゥン」って楽器がそろうところで歩き出す。歩いてる間はカラーモノクロ行ったり来たり、画面がちらついたり、スローになったり普通になったりコマ送りになったり。ニノマエになったり(しません)。そして適宜メンバーの名前がローマ字でかぶるように一人ずつ出る。かっちり系のフォントで、文字色は白。

[00:19~00:33]:最初の歌唱部分ですが歌いません。そのまま歩き続けます(ただし画面はカラーになる)。わきから紙吹雪が飛んで来たり、よくわからないものが飛び込んで来たり(4人には当たらない)、画面がにぎやかになります。「BURN BURN BURN~」あたりでカメラの前で止まって、サングラスを外して、「最高に俺ってかっこいいなあって感じでドヤっとかっこつけたかっこいい表情」をしてもらいます。(注文が長いうえに変なので4人に撮影前に突っ込まれるまでがセット)でちょい長めに決め顔させるのですが、「GET A FUNKY LIFE!」直後の「パーーン」に合わせて4人の後ろで爆発させます。特効です。しかも4人に知らせないという一発撮り(予定)なので4人にとってはドッキリです。

[00:34~一番開始前]:4人のびっくりドッキリ顔が見られる(予定)でしばらくそれが流れた後はコマ送りで4人を画面から撤退させて、手書きカンペ(願わくばシゲアキさんに書いてほしい)で「NEWS BE FUNKY!」って出す。今回のPVテーマは雑さとチープさとカオスです(今思いついた)

 

[1番]:室内。セットは、チャンカパーナの歌番組セットと嵐のTroublemakerの船のシーンを足して2で割った感じです。背景は白で、ステージみたいなちょっと低い平べったい足場が中央にある。引きで撮るとそのステージは画面の左右6分の1までは届かない規模。(わかりにくいので後日追加します)基本室内シーンはこのセットです。

「もう~白い目してる」:ここの担当者のリップシーンから始まる。「みんな~」でカメラが引きに入り、担当の右のほうに残りの3人がいて、「白い目してる」で白い目をする(白い目はむかないで手越)

「抱えきれないプレッシャーゲーム」:普通のリップシーン。かと思いきや最後は上から伸びてるひもを引っ張ったらたらいが落ちてくる。シゲちゃんごめん

「NO!」:カメラに向かってぎゅうぎゅうづめで4人でどうぞ!ファンキーなサングラスとかじゃらじゃらしたネックレスを付けてもらいます。あと、パーティーに使う三角帽ね。

「足を引っ張って」:増田さんが小山さんの足を引っ張って画面の端から端まで歩きます。コマ送り。

「やめたら絶対楽だぜ~またも悪魔が」:掛け合い。天使と悪魔ともう一人がカメラの正面を取り合う(アドリブ)。ちゃんと天使と悪魔のかっこうさせる。(ドンキとかで売ってそうなチープなやつね)

「もう~wow wow」:4人並べて(@_@)とか(’・w・’)って表情から。゜(゜´Д`゜)゜。って表情してください。ってやる。涙は流さなくていいので顔をくしゃくしゃにしてください。

「弱肉強食~Life is see-saw game」:「弱肉強食」で肉食ってる手越の後ろで蚊帳シゲはゴスペル風の衣装で「Life~」、そのまま手越さんがフェードアウトして次に出てくるのは増田さん。「山あり谷あり」で登山の格好した増田さんの後ろでコヤシゲは(以下略)

「あぁ いつから~本番だ」:ステージの端に腰掛けるアンニュイな表情の4人。ため息とか。足元に転がってるのは過去の作品(CDとかDVDとか)。そこに紛れてる手紙を見つけてちらっと読んだ小山さんが顔色を変えて他メンに見せて明るくなる4人、立ち上がってそこから動き出す。

 

[1番サビ]::室内に車のセット(雑)を運んでそこに乗って歌っていただきます。運転者小山っていうのはもう決まってます。風と紙ふぶき受けながら歌っていただきます。ハンドルは手持ちで。明らかに作ったね、という感じの車。ベニヤ板感満載。最後の方でカメラに新聞紙が飛んでくる(張り付く)。一面に「マッスーパーマン」。「GET A FUNKY LIFE!」でその新聞からカンフーでマッスーが突き破ってきます。(そこだけチャイナな衣装です)

 

[2番]

「平凡人生~いんじゃない」:椅子に座って本を読んでいるシーンから。ここはずっと歌ってる。「平凡人生つまらない」は本を手にしたままカメラ目線で歌う、「一般論にはそまらない」で呼んでいた本を閉じて投げ捨てる。「立ち上がって」で立って、「また~いんじゃない」で椅子を持ってステージから降りていく。

「悪魔が~貫くよ」:ステージに机が出現。歌唱担当者はそこでヘッドホンをして声が聞こえないようにしてひたすら勉強(鉢巻きにダサい眼鏡)。天使と悪魔は彼の左右に立ちなんとか声を掛けるが聞いてもらえないというシーン。「絶対」で担当者が左手を上に上げるので天使と悪魔はそこで飛ばされるようにフェードアウト。

「いつでも誰かの~走り出せ」:まじめなリップシーン。まじめにステージで歌います。4人バージョンのパート分けどうなるか忘れたけど「今すぐに走り出せ」で増田さんの大きく背伸びをするソロシーン入れたい……。

 

[2番サビ]

動く歩道で順番に並んで歩く4人のカット。動く歩道を横から撮るので、画面の左から右に流すとすると、体は右むいて顔はこっちを向いてる感じです。ちなみに動く歩道を逆行してもらいます。流されてけNEWS。先頭増田さん、次加藤さん、手越さん、最後尾小山さんなんで止まると小山さんがはみ出る。アドリブシーンです。

 

[シゲラップ→マスソロ(ですよね?)]

シゲラップ部分は選挙の公約話したりするときに放送される政見放送っぽい感じで、アナログ系の画素数低い画面加工で、歌ってる。きっちり7:3でダサ眼鏡、きっちりスーツで「NEWS党 加藤成亮(本名ってところがツボ)」ってネームプレートも。ここはその放送がされてるテレビ全体を映してる。マスパートになると、シゲちゃんの前にカラフル奇抜な格好の増田さんが出てきて歌う。

 

[ラストのサビ繰り返しパート]

4人でステージ上で歌う。随時4人のシーンとソロシーンと混ぜる。あと最後のほうはちょいNG集が混ざる。どっかに4人でハイタッチするシーン入れたいです。

 

[最後の間奏(?)部分]

冒頭と同じように港(か滑走路)を今度はカメラに背中を見せて帰っていく4人。モノクロ。映画っぽくエンドロール(短い)もいれたらかっこよさそう。(ほんとはここ逆再生でやりたいけどそんなに金も時間もかけられなさそうなのでフツーに終わります)曲終わったら真っ暗になって終わりです。

 

以上です!のちのち絵コンテもどき載せます。たぶん…



作りたいPV②

「Smile Maker」(アルバム「color」収録)

前のやつに相当力を入れすぎてここからちょいちょい手抜き感が出てくるかもしれません。でも許して。びーふぁん好きすぎて(以下略)


[冒頭ラップっぽいところ]:誰かの足元、床は水が張ってある、水滴が二、三粒落ちてくる→カメラワークが体に沿って上がる→顎くらいまで上がる(顔の判別ができるできないくらいまで上がる)、というシーン。ちなみに泣いてます。誰を泣かせようかと悩みましたがシゲ担なので自担さん泣いてください。この辺は各自それぞれ担当差し替え可です。


[冒頭サビ]:4人で歌ってる。学校の屋上希望。嵐のピカンチダブルみたいなやつやりたい。感情こめまくって身振り手振りしまくって歌ってください。


[1番]

[悩みだしたら〜時計は回る]

学校の教室。窓の外はまだ青さが残る夕焼け。

うつむいてる、気分の沈んでいる演技→いらだって机を蹴っ飛ばす→すぐに我に返り置き場所のない気持ちに悶えるような苦虫を潰した表情

という演技をお願いしたい。手越さんに。

「心塞ぎたくなる」で体育座りで縮こまってもらう。(これこないだのブランケットシゲちゃんでは…?)

「時計は回る」で時計のカット。


[波にのまれても〜大丈夫だって]

リップシーン。冒頭ラップっぽいパートと同じセット(足元に水を張る)。歌っているカットと、立ってるだけのカット、足元の水を跳ね飛ばすカットなどなどを織り交ぜる。ここ増田さんしか出ない???


[一番サビ]

学校の廊下。メンバーがそれぞれ違う場所で1人で歌詞の書かれた紙をどんどんめくっていく。

参考にしたのはこちら→酸欠少女 さユり 『ふうせん』鬼めくりリリックMV - YouTube


こんな感じでめくってくだされ。



[2番]

[この関係は〜嘘はない]

小山さんの持つ毛糸玉が落ち、足元に転がった毛糸玉をシゲアキさんが渡して握手するカット

[ともに費やした〜信頼]

4人で肩くんでもみくちゃしてる

小山さんもみくちゃにしたい

[You&I〜Try]

4人横に並んで一人一人書道する。そして順々に半紙に書いた歌詞を持ち上げていく。この辺はコマ送り的な感じで送る

[今〜気がして]

紅葉の季節枯れ葉の舞う道を歩くカット。誰かここ担当者がただ歩いてるだけ。スロー。

[そう思えば〜]付近で遠くに何かを見つけて走り出す。


[2番サビ]

書道の続き。歌詞を書くだけでなく変な落書きを出すシーンもあり。手越画伯にご注目。


[シゲラップ]

学校の廊下で歌ってるシーンや不安そうな演技してるシーンやら差し込む。

[顔上げて〜life]でくしゃくしゃの笑顔っていうのは決定事項。ピースサインは絶対。


[最後のサビ]

冒頭の方にある屋上歌唱シーンと歌詞めくり等々まぜこぜ。途中途中で4人が走ってるシーンを差し込み。

(最初は走ってる足元、だんだんカメラワークが上がっていき最後に差し込むシーンでは4人の顔が映る)


[Will be〜face]

今まで出てきた色んなシーンで4人が笑ってるカットをつぎはぎして流す。(ネタ切れ)

あっ、今思いついた。屋上でシャボン玉飛ばそう。


一番最後曲が終わったところで、「Smile Maker」とバーンとでてくる。メンバーの誰かの直筆。書道のシーンで書いてるのでメイキングにその模様がでてくる。


こ、こんな感じですかな…!

勢いで書いてしまったので非常にフィーリングっぽくなってわかりにくいところがあると思うので、後日読み直して修正します…。

お粗末様でした!



PS.ほんとは「Weather NEWS」のPVも考えてたけど時間なかった…(泣)